ブログ

2016.03.22

人口知能 (AI)

 相模原市南区相模大野 ボーノ相模大野のたからや質店です

今日の読売新聞に 「人口知能 小説にも進出」

という記事がきになりました。

人口知能が人間と共同で「出筆」した短編小説が、国内文学賞の1次審査を通過した
囲碁のトップ棋士への勝利に続き、人工知能の飛躍的向上を印象づけた(読売新聞より抜粋)

驚きですね どんな小説か読んでみたい気がします

そもそも 人口知能って 私はよく理解できません 
ただなんとなくコンピューターが学習して人間にしかできないと思われた作業をできるようになるのかなぁって
いう感じです

自動車の自動運転はなんて想像できなかったですが可能になってる これも人口知能の進歩ですよね
でもなんか 感情的にしっくりこないのはきっと私がおじさんだからなのでしょうか

ただコンピューターには感情がないわけですからやっぱり人間にしかできないことが沢山あるはずです

私には想像できない世の中が目の前にせまってきているようで 期待と不安を感じるのはなぜでしょうか?
きっと古い人間なんでしょうね

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム