ブログ

2018.06.29

西野ジャパン 決勝トーナメント進出 ベスト16

 西野ジャパン ワールドカップ予選突破 決勝トーナメント進出です。

西野監督 先発メンバーを6人変えて 挑んだポーランド戦

凄い! 攻めの采配です。 予想で言われていたが、正直 私は6人入れ替えは無いと思っていました。

決勝トーナメント 先を見ての采配でした。 リスクはかなり高い采配。 西野監督は選手達を信頼している。
選手・スタッフ全員の意思の統一ができている。 選手も西野監督を信頼している。

実際 試合も日本が上手いパス回しできていたし、守備も良かった。
特にゴールキーパー川島選手 3点は防いでいました。

ポーランドに先制点をとられ 1点ビハインド 日本は攻めて何としても同点にしなければと思って応援していたら
同時刻に行われているコロンビアとセネガルの試合でコロンビアが1点をとり状況がかわった。

このまま 日本対ポーランド 0-1 コロンビア対セネガル 1-0 だと 
フェアープレイポイント(イエローカードの数)で日本が予選突破できる。

日本は攻めるのか 守るのか どうするのかと思いながら応援していたら、

西野監督 イエローカードをもらわない、相手にボールを渡さないボールキープの戦術
コロンビア対セネガルの試合結果による 他力本願 の戦術を選んだ。

きっといろいろ 言われるだろうけど...私は西野監督の戦略・戦術は正解だと思う。
結果 目標である予選突破 決勝トーナメント進出を決めたのだから!!!

西野監督も本意でない 選手も本意でない 苦しい試合だったと言っていました。

試合に負けて 勝負(結果)に勝った。

私は最後の5分間はフジテレビとNHKを交互に観てヤキモキしてました。

日本が決勝トーナメント進出を決まった時はほっとしたのが実感でした。

西野監督の采配は結果を出した。

次はベルギーとベスト8を目指す試合です。 ベスト8進出はサムライブルーはまだ無いです。
ベルギーを撃破して日本サッカーに歴史を刻んでください。

西野ジャパン頑張れ!!!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム